北九州市 中間市 外壁塗装の坂木塗装


値段が割増しになる理由は中間マージン

外壁塗装において中間マージンは費用を高くさせる原因の一つです。

住宅はリフォームをして長く住む時代だからこそ、無駄な出費を一切無くして、費用を抑えながらメンテナンスをしなければいけません。

しかし、中間マージンを知らない場合、いつの間にか無駄な費用を払っていることもあるため、私と一緒に中間マージンについて詳しく見ていきましょう。

これは、お客様が外壁塗装を業者へ頼んだ時の2つのパターンです。

1つ目:塗装をするまでに複数の会社が関与するパターン
元請けの利益 + 下請けの利益 + 材料・施工費用 = 外壁塗装の費用

2つ目:塗装をするまでに1社のみしか関わらないパターン
下請けの利益 + 材料・施工費用 = 外壁塗装の費用

つまり、中間マージンとは、関わった会社の利益を確保するための仲介料ということです。


中間マージンは関与した会社の分だけ高くなる?

外壁塗装における中間マージンとは、関わった会社数分の利益を指しますが、なぜ外壁塗装をするために、複数も会社が関わらないといけないのか。

それは、塗装工事業界は、元請けという仕事をとってくる・お客様と契約をしてくる会社と、下請けという実際に塗装工事をする会社で分かれている事が多いからです。

元請けとなるのは、大手ハウスメーカー・大型工務店のこと。
下請けとなるのは、地元で小さく会社を経営し、外壁塗装を専門としている会社のこと。

下請けの会社は、塗装職人がそのまま代表をしていたり、抱えているスタッフもほぼ職人さんといった具合のため、お客様と契約をする営業部門を持っていない、もしくは営業がいても弱くて契約がもらえていない。

こういった状況があるため、営業やお客様の呼び込みが強い大手会社に契約をとってもらい、塗装工事を元請けからの発注を受け、下請けとして入るという業界体質があります。

元請けから直接下請けに仕事が回ってくればまだいい方で、元請けから下請けの間に別の1社が入ったり、下請けがさらにその下の孫請けに仕事を回すという状況もあるため、関わった会社ごとで利益を確保すると必然的に塗装の費用は高くなっていきます。

あなたが中間マージンの仕組みを知らない状態だと、知らず知らずのうちに、周りのみんなよりも高い費用で外壁塗装をする状況にもなってしまうため、あなただけが損をする結果にも。

外壁塗装をする前に、中間マージンの仕組みを、あなたにぜひ覚えてほしいです。


外壁塗装で中間マージンがあると、どのくらい高くなる?

外壁塗装で中間マージンが発生すると、あなただけが高い費用を払うことにも。

実際に中間マージンの有り無しで、どのくらい費用の違いがあるのか見てみましょう。

適正費用  
中間マージンあり(2社の関与)
中間マージンあり(3社の関与) 

100万 = 100万円(施工費)+ 0万
 140万 = 80万円(施工費)+ 30万 + 30万
 150万 = 60万円(施工費)+ 30万 + 30万 + 30万

関与する会社が多ければ多いほど、中間マージンが入り、施工費用が圧迫されていきます。

上記の表でみれば、100万円が適正な工事ができるお金なのに、2社・3社と関わっていくことで、中間マージンに適正な費用が削られてしまうため、適切な工事ができなくなります。


外壁塗装は中間マージンの有り無しでトータルコストが大幅に変わる!

外壁塗装は住宅のメンテナンスで大事なリフォームの一つですが、今後も外壁塗装のようなメンテナンスを複数回行っていかなければいけません。

「せっかくマイホームを手にいれるのに何千万もかけたのに、メンテナンスでもお金がかかるなんて...。」と思うかもしれませんが、そもそも住宅はメンテナンスありきで作られているため、誰でも行う必要があるものです。

しかし、お金が掛かるであれば少しでも安い費用で、メンテナンスをしたいとみんな思っていますが、中間マージンが入ったメンテナンスを選んでしまうと、将来的にかかるトータルコストは当然高くなります。


外壁塗装で中間マージンを発生させないためには?

外壁塗装で中間マージンが発生する状況には、必ず一定のパターンが存在しています。

あなたもこれさえ知っておけば、中間マージンが入らない適正な費用での外壁塗装が行えるようになるので、私と一緒に詳しく見てみましょう。

業者中間マージン詳細
ハウスメーカー有り大手ハウスメーカー・大手業者の場合は、塗装は専門業者へ依頼することが多いため、元請けとなることがほとんど。実際の塗装は下請けにまかせるため、中間マージンが発生。
大型工務店有りリフォームやさまざまな建物の改築工事ができますが、塗装は専門知識が必要なため、下請けに仕事を回すことも多くあるため、中間マージンが発生。
フランチャイズ化した業者有り大手業者の名前を借りたり、仕組みを借り受けて塗装が行えることで、知名度や安心感をお客様にもってもらえます。しかし、加盟料を大手業者側に払わないといけなくなり、中間マージンが発生。
家電量販店有りお客様の集客をしやすい家電量販店で、外壁塗装を契約すると、家電量販店と提携した業者へ仕事を発注します。この際、家電量販店にお客様の紹介料を払うことで、中間マージンが発生。
ホームセンター有りお客様の集客をしやすいホームセンターで、外壁塗装を契約すると、ホームセンターと提携した業者へ仕事を発注します。この際、ホームセンターにお客様の紹介料を払うことで、中間マージンが発生。
設計事務所有り設計事務所は住宅の設計だけを主に行うため、建築や外壁塗装などは専門業者を雇うのが基本です。そのため、中間マージンが発生。
工務店有り現在、中~小規模の工務店は、専門的に業務が分けられているので、塗装工事は自分たちで行えないことが多くあります。そのため、下請けとして専門の塗装業者を雇うことで中間マージンが発生。
地元業者無し地元の業者は、大手業者や工務店に下請けとして雇われていた側であるため、直接地元業者に頼めば中間マージンが発生せず、あなたの求める適正な費用での外壁塗装が可能となります。

外壁塗装は適正工事をするために中間マージン無しが必要

外壁塗装で適正な費用で適切な工事を行うためには、中間マージンと呼ばれる無駄な支払いがない方が、将来的にかかる費用も安くできます。

中間マージンを無くすために一番確実な方法は、以下3つに当てはまる業者を選ぶ事。

  • 地元密着の外壁塗装業者
  • 完全自社職人で行う外壁塗装業者
  • お客様本位の考え方ができる外壁塗装業者

中間マージンを負担するのは実質お客様です!


1円でも無駄にしないでください!

塗装会社を徹底比較!

大手業者と地元業者のメリット・デメリット

外壁塗装をしようと決意したときに最初に決めるべきなのがどんな業者に外壁塗装 を依頼するのかということでしょう。

しかし、一般的に外壁塗装の知識や経験はそうあるものではないので、どの業者が優良業者なのか判断が難しいものです。

外壁塗装にはお金がかかるので、「少しでも安い業者を探したい」と思うところですが、安い業者=手抜き工事と思ってもいいと思います。高い業者は中間マージンがかかっている証拠でもあり営業マン手当や経費があります。

失敗しない業者選びの最大のポイントは、誰が塗る&直接施工店です。塗ることは小型若手職人でも応援職人でも外注職人でもできますが、代表親方が塗るのと仕上がりの質やレベルが大きく変わります。

下には7つの注文先の違いを私なりに書いてみました。すごくリアルなのでご注意を・・・

業者選びに是非参考にしてください。

①何でもできる「総合リフォーム店・工務店」

メリット

下請け業者、孫請け業者がいっぱいいるので着工が早い。

○塗装以外にも工事が色々依頼できる。

○営業マンがたくさんいる。

○万が一に備えて住宅瑕疵担保責任保険に加入できる。

デメリット

○下請け業者、孫請け業者まで中間マージン がかかり 、費用が一番高い。

○専門技術、知識に詳しくなく、全て下請け業者、孫請け業者の意見提案がそのまま伝えることになってしまう。

○営業歩合、経費、宣伝広告費が多い。

実際に施工する下請け業者は、中間マージンを抜かれた金額で工事をするため、仕上がりにムラが有る。

○営業マンと職人とのコミュニケーション不足による施工ミス

例:120万の契約金額としての目安・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

総合リフォーム店(50万)⇒営業マン(10万)⇒会社支給材料(全て業者手配)⇒

下請け塗装業者(25万)⇒孫請塗装業者(35万)足場代を抜くと25万円

※120万円の契約金のうち、人件費25万円以内の工事しかできません

②安心感がある「ハウスメーカー」

メリット

下請け業者、孫請け業者がいっぱいいるので着工が早い。

○塗装以外にも工事が色々依頼できる。

○営業マンがたくさんいる。

全国展開しているので実績とノウハウが有り安心できる。

デメリット

○下請け業者、孫請け業者まで中間マージン がかかり 、費用が一番高い。

○専門技術、知識に詳しくなく、全て下請け業者、孫請け業者の意見提案がそのまま伝えることになってしまう。

○営業歩合、事務所経費、宣伝広告費が多い。

実際に施工する下請け業者は、中間マージンを抜かれた金額で工事をするため、仕上がりにムラが有る。

営業マンと職人とのコミュニケーション不足による施工ミスがある。

例:200万の契約金額としての目安 ・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

ハウスメーカー(100万)⇒営業マン(20万)⇒大手材料メーカー(20万)⇒会社支給材料(20万)⇒下請け塗装業者(10万)⇒孫請塗装業者(30万)

※200万円の契約金のうち、人件費30万円以内の工事しかできません

③大幅値引きをしてくれる訪問販売会社

メリット

○30万~100万円ほどの大幅値引きが魅力的。(それだけ値引き出来るのになぜ最初から出さないのか?)

○足場代金が無料になる。(あり得ません。外壁塗装代金で調整しています。)

○特別にモニター価格で工事ができる。(口だけです。実は最終の契約金額は全て決まっています。)

デメリット

○連絡がすぐ取れなくなる。担当がすぐ変わります。

○酷い塗装工事が多い。

実際に施工する下請け業者は、中間マージンを抜かれた金額で工事をするため、仕上がりにムラが有る。

○契約金の半分以上は会社利益、営業マン歩合となる。

例:200万の契約金額としての目安 ・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

訪問販売会社(100万)⇒アポイント営業マン(15万)⇒営業マン(30万)⇒

⇒下請け塗装業者(10万)⇒孫請塗装業者(35万)足場代を抜くと25万円

※200万円の契約金のうち、人件費25万円以内の工事しかできません 

④1回の入力で数社紹介してくれる一括見積もりサイト会社  

※最近トラブル多発しています。

メリット

○自分で業者を探さなくても地域密着型業者を紹介してくれる。

○10万円お祝い金キャッシュバックサービスなどがある。

○断りやすい。

デメリット

○契約成立すれば塗装業者から一括見積もり会社にバックマージン・紹介料が発生するので、10%~20%見積り金額があがってしまう。

○お祝い金キャッシュバックサービスがあるが、お金の出処はお客様負担になっています。

○かなり多くの依頼があるため、施工職人が下請け業者になる場合がほとんど。

○社長は見積もりや調査に追われ、現場は小型職人に任せることが多い。

○登録塗装業者はエリアで5~10件ほどで、その5~10業者が一斉に時間調整&現場調査&商談があります。いつもの顔ぶれライバル業者なので、金額の競争になって品質の低下になってしまう。

★ライバル同士の値引き合戦により今までお客様に上乗せしていた紹介料や20%マージンを自社で負担せざるを得ない状況で品質を下げる業者さんが多く存在しています。最近では他社が提示した見積もり金額を更に下をくぐった値引きをするという恐ろしい現象が起きているようです。

会社が大きくなればなるほど会社利益が大きくかかります。正直、値引きは簡単です。でも、仕上がりの質は間違いなく下がります。塗料の性能を十分発揮出来るよう、ちゃんとした業者・職人にお願いするのが良いかと思います

例:100万の契約金額としての目安 ・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

塗装業者材料込み(50万)⇒一括見積もりサイト会社マージン(21万+負け現場分)⇒下請け塗装業者(40万)足場代を抜くと30万円

※100万円の契約金のうち、人件費30万円以内の工事しかできません  

私の経験上、屋根塗装+外壁塗装で35万円で下請けしていました。


※一括見積もりサイト業者の見積り金額には、以下の金額が加算されています。

(サイトによるが契約金額の10%~20%のマージン)(紹介を受けただけで1件10,000円~15,000円の負担)(相見積もりでライバル会社に負けたときの「紹介料」+「営業マン・代表の給料」+「交通費・経費」✕「相見積もり負け現場数」)

⑤外注職人・下請け会社で工事をする元請け塗装業者

メリット

○親切な業者が多い。

○社長が元職人が多いので、塗装知識が豊富。

広告宣伝費にあまり経費をかけていない 。

デメリット

○下請け職人の技術の保証がない。全ては下請けの小型職人、応援職人の腕次第。

○資本力次第では10年先まであるかは不明。

○社長が元職人が多いので、下請けの請負金額が生かさず殺さずの金額がほとんど・・・泣

○打ち合わせの担当は、実際には作業しないので、最初と最後しかじっくり話す機会がない・・・

例:100万の契約金額としての目安 ・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

元請け塗装業者(40万)⇒営業マン(5万)⇒会社支給材料(15万) ⇒

下請け塗装業者(40万)足場代を抜くと30万円

※100万円の契約金のうち、人件費30万円以内の工事しかできません   

⑥地域密着の職人直営塗装会社

メリット

○中間マージンがないので細かいところまで施工にこだわれる。

○職人の質がよく、接客態度がいいことが多い。

○宣伝広告費にあまり経費をかけていない。

○責任がはっきりしている。

○営業マンがいないことが多く、知識が豊富な社長や親方が営業している。

○適正価格で塗装ができ、一番安くいい仕上がりができる。

デメリット 

○親方が施工しないことが多く自社若手職人、応援職人での作業が多い。

○品質にこだわるので施工日数がかかる。

○自社職人で運営しているので、契約から着工までに時間がかかる。

○小さな会社なので信用にかける・・・

○社長は資格を持っているが、職人は持っていないことが多い。

例:90万の契約金額としての目安 ・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

職人直営塗装会社(70万)⇒材料(20万)

※90万円の契約金のうち、人件費70万円以内の工事ができます!   

⑦親方施工の坂木塗装

メリット

○親方が打ち合わせ、見積もり、施工まで代表親方が一貫して行うため、納得の仕上がりが期待できる。

○外壁診断士、1級塗装技能士、有機溶剤作業主任者、足場作業主任者など取得しているため、

豊富な知識で外壁の状態に合わした材料・施工でしっかりとした塗装ができる。

○中間マージンや余計な経費を徹底的になくし、工事代金の全てを施工にかけれる。

○適正価格で塗装ができ、余計な費用をかけずにいい仕上がりができる。

デメリット 

○品質にこだわるので施工日数がかかる。

○少人数精鋭職人で運営しているので、契約から着工までに時間がかかる。

○小さな個人会社なので信用にかける・・・

例:70万の契約金額としての目安 ・・・(築10年35坪2階建て平均的なお家の場合)

坂木塗装(50万)⇒材料(20万)

※70万円の契約金のうち、人件費50万円の工事ができます!    

坂木塗装はブランド力に欠ける、工事期間が長い・・・などデメリットもありますが、

専門知識と技術ある精鋭職人が全力で真心込めて塗装致します。


北九州市中間市外壁塗装 屋根塗り替え リフォーム専門店 坂木塗装
1円でも無駄にしないで下さい!

当社は職人が直接運営している塗替専門店です。
調査・見積もり・施工まで一貫して職人代表が行うため、余計な中間マージンや経費が一切かかりません。

調査については屋根や外壁の専門知識を持った「外壁診断士」がすみずみまでチェックし外装劣化調査診断を行います。

塗装については最高ランクである国家資格「一級塗装技能士」、「足場組立作業主任者」が足場から屋根外壁塗装まで職人代表の坂木が行います。

その為余計な営業マージン、中間マージンが一切かかりませんので、質の良い物で手間を惜しまず施工でき、業界平均価格より約30~50%ほど予算を抑えることができます。

「絶対に失敗したくない!新築当初を超えるような綺麗な家にしたい!」とお考えなら、当社にお任せください。

親方が現場で作業をしない塗装屋さんがほとんどですが、坂木塗装では打ち合わせや塗装施工に至るまで代表の坂木がお客様のご要望をダイレクトにお聞きし 、安心、満足の工事を目指しお客様目線の職人の顔が見える工事を行い、専門知識と技術ある精鋭職人が全力で真心込めて塗装致します。

外注業者や小型職人から作業されるよりやっぱり「親方」にしてほしいって方はぜひお問い合わせください!

親方直接施工の坂木塗装は、「受注件数を競い合ってただ、売り上げを伸ばす事を目的としておりません。」

プロとして常にお客様の立場になり、感動を与え続ける事を使命としております。

「あなたのお役に立ちたい。あなたに満足してもらいたい。」そんな思いで今まで過ごしてまいりました。

私たちは「塗装のこだわり専門店」です。誇りがあります。

1件1件新築のようによみがえらせる事を使命としております。

あなたの財産である大切な家を少しでも長く持たせたいとの思いを込めて知識と技で真剣に塗り上げて見せます。

私たちは、これがお客様にとって一番いい塗装工事ではないかと考えています。

塗装価格と言っても、1件、1件のお家に合った塗料・工法があるので一概には
『はい、大丈夫です。』なんて無責任な事は言えません。

それは、どこでも最近は言っていますが、塗装する前のコーキングやサビ落としなど
下地調整を最重要だと考えていて、どこまで下地調整するかは、お家によって違うからです。

『はい!この塗り替えパックで大丈夫です。』といい加減な事を言って受注し、綺麗に見せるのは簡単ですが、どれだけ良い塗料を使おうが、見えない所をいい加減にするとすぐに不具合が起きるからです。

最近のお客様は、塗料の事もご熱心に勉強されていて下見の際、「すごい勉強されているな~」と思うこともしばしばあります。

もちろん高額で何回も出来る工事ではないので
"失敗しないように"と勉強される気持ちは痛いほどよくわかります。

施工するに当たって塗料はもちろん大事な物ですが、塗料だけでは半製品で僕たち職人が丁寧に仕上げてこそ、きちんとした製品になりお客様に満足して頂ける商品になるのではないかと考えます。ですが、塗料の事ばかりを勉強されていますと、どうしても塗料にばかり目移りしてしまいます。

そこで営業マンの「でしたら同じ塗料で他社より安くしますよ。」という毎日練習している営業トークと爽やかな笑顔に『同じ塗料なら安いほうがいいや』と頼んでしまい、結果手抜き工事に繋がり失敗されてしまいます。

もっと他に見る所があるのに・・・

結局は、どれだけ良い塗料を使おうが手抜きすればいくらでも安くできますし手塗りか吹き付けかでも大きく人件費が変わるものです。リーズナブルな価格の中にも十分強い塗料もありますので専門家としてお客様の予算内・ご要望にピッタリで尚且つ長持ちする塗装工事のご提案を下見の時はいつも心がけています。

10年に一度の塗装工事を成功させるには【本当の適正価格=工事代金だけ】【最高品質】の仕事をしてくれる塗装業者に頼むこと、尚且つ自社でしっかりと教育された自社職人がいる業者に頼む事では、ないかと考えます。

営業上手・安い価格=いい塗装業者とは限りません。このホームページが、お客様の安心の塗装業者選びに役に立てれば幸いです。

北九州市 中間市の外壁塗装 屋根塗り替えリフォーム専門店 坂木塗装

代表:坂木健治

所在地:〒809-0021  福岡県中間市朝霧2-18-1 

営業時間:08:00~19:00

携帯:090-2855-7073  いつも現場で作業中です・・・ご連絡は直通携帯へ


北九州市 近郊
小倉北区 小倉南区 門司区
八幡東区 八幡西区 若松区 戸畑区
中間市  直方市  行橋市  豊前市 鞍手郡 遠賀郡
芦屋町 水巻町 岡垣町 遠賀町 苅田町 飯塚市

福岡市
中央区 博多区 早良区
西区 東区 城南区 南区
福岡市近郊
糟屋郡・古賀市・宗像市・福津市・ 前原市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市
朝倉市・うきは市・大川市・大牟田市・小郡市・ 嘉麻市・久留米市・田川市・筑後市・宮若市
柳川市・八女市・嘉穂郡・京都郡・ 八女郡・糸島郡

ご不明な点、お見積もり依頼などなにか御座いましたら、下記フォームよりお問い合わせください。

ご相談例:今までメールで一番多いご質問・ご相談のお問い合わせ

①相見積りになりますが、外壁塗装の相談にのっていただけますか?

②他の業者さんの見積もりで〇〇〇 という材料を使う予定です。〇〇〇 についてどう思われるか教えていただけないでしょうか?

③自宅の外壁塗装の塗替えを検討しておりまして見積りを希望いたします。場所は福岡県北九州市です。木造2階建て 築23年です。15、6年前に塗替え済みです。

④訪問営業の人に見積りをしてもらったら、すぐに契約して欲しいと言われたのですが。