北九州市の外壁塗装は坂木塗装

無駄な中間マージンについてのページです。

ここでは中間マージンの原因から対策まで説明しております。

北九州市の外壁塗装は親方施工の坂木塗装にお任せください!

値段が割増しになる理由は中間マージン

外壁塗装において中間マージンは費用を高くさせる原因の一つです。

住宅はリフォームをして長く住む時代だからこそ、無駄な出費を一切無くして、費用を抑えながらメンテナンスをしなければいけません。

しかし、中間マージンを知らない場合、いつの間にか無駄な費用を払っていることもあるため、私と一緒に中間マージンについて詳しく見ていきましょう。

これは、お客様が外壁塗装を業者へ頼んだ時の2つのパターンです。

1つ目:塗装をするまでに複数の会社が関与するパターン
元請けの利益 + 下請けの利益 + 材料・施工費用 = 外壁塗装の費用

2つ目:塗装をするまでに1社のみしか関わらないパターン
下請けの利益 + 材料・施工費用 = 外壁塗装の費用

つまり、中間マージンとは、関わった会社の利益を確保するための仲介料ということです。


中間マージンは関与した会社の分だけ高くなる?

外壁塗装における中間マージンとは、関わった会社数分の利益を指しますが、なぜ外壁塗装をするために、複数も会社が関わらないといけないのか。

それは、塗装工事業界は、元請けという仕事をとってくる・お客様と契約をしてくる会社と、下請けという実際に塗装工事をする会社で分かれている事が多いからです。

元請けとなるのは、大手ハウスメーカー・大型工務店のこと。
下請けとなるのは、地元で小さく会社を経営し、外壁塗装を専門としている会社のこと。

下請けの会社は、塗装職人がそのまま代表をしていたり、抱えているスタッフもほぼ職人さんといった具合のため、お客様と契約をする営業部門を持っていない、もしくは営業がいても弱くて契約がもらえていない。

こういった状況があるため、営業やお客様の呼び込みが強い大手会社に契約をとってもらい、塗装工事を元請けからの発注を受け、下請けとして入るという業界体質があります。

元請けから直接下請けに仕事が回ってくればまだいい方で、元請けから下請けの間に別の1社が入ったり、下請けがさらにその下の孫請けに仕事を回すという状況もあるため、関わった会社ごとで利益を確保すると必然的に塗装の費用は高くなっていきます。

あなたが中間マージンの仕組みを知らない状態だと、知らず知らずのうちに、周りのみんなよりも高い費用で外壁塗装をする状況にもなってしまうため、あなただけが損をする結果にも。

外壁塗装をする前に、中間マージンの仕組みを、あなたにぜひ覚えてほしいです。


外壁塗装で中間マージンがあると、どのくらい高くなる?

外壁塗装で中間マージンが発生すると、あなただけが高い費用を払うことにも。

実際に中間マージンの有り無しで、どのくらい費用の違いがあるのか見てみましょう。

適正費用  
中間マージンあり(2社の関与)
中間マージンあり(3社の関与) 

100万 = 100万円(施工費)+ 0万
 140万 = 80万円(施工費)+ 30万 + 30万
 150万 = 60万円(施工費)+ 30万 + 30万 + 30万

関与する会社が多ければ多いほど、中間マージンが入り、施工費用が圧迫されていきます。

上記の表でみれば、100万円が適正な工事ができるお金なのに、2社・3社と関わっていくことで、中間マージンに適正な費用が削られてしまうため、適切な工事ができなくなります。


外壁塗装は中間マージンの有り無しでトータルコストが大幅に変わる!

外壁塗装は住宅のメンテナンスで大事なリフォームの一つですが、今後も外壁塗装のようなメンテナンスを複数回行っていかなければいけません。

「せっかくマイホームを手にいれるのに何千万もかけたのに、メンテナンスでもお金がかかるなんて...。」と思うかもしれませんが、そもそも住宅はメンテナンスありきで作られているため、誰でも行う必要があるものです。

しかし、お金が掛かるであれば少しでも安い費用で、メンテナンスをしたいとみんな思っていますが、中間マージンが入ったメンテナンスを選んでしまうと、将来的にかかるトータルコストは当然高くなります。


外壁塗装で中間マージンを発生させないためには?

外壁塗装で中間マージンが発生する状況には、必ず一定のパターンが存在しています。

あなたもこれさえ知っておけば、中間マージンが入らない適正な費用での外壁塗装が行えるようになるので、私と一緒に詳しく見てみましょう。

業者中間マージン詳細
ハウスメーカー有り大手ハウスメーカー・大手業者の場合は、塗装は専門業者へ依頼することが多いため、元請けとなることがほとんど。実際の塗装は下請けにまかせるため、中間マージンが発生。
大型工務店有りリフォームやさまざまな建物の改築工事ができますが、塗装は専門知識が必要なため、下請けに仕事を回すことも多くあるため、中間マージンが発生。
フランチャイズ化した業者有り大手業者の名前を借りたり、仕組みを借り受けて塗装が行えることで、知名度や安心感をお客様にもってもらえます。しかし、加盟料を大手業者側に払わないといけなくなり、中間マージンが発生。
家電量販店有りお客様の集客をしやすい家電量販店で、外壁塗装を契約すると、家電量販店と提携した業者へ仕事を発注します。この際、家電量販店にお客様の紹介料を払うことで、中間マージンが発生。
ホームセンター有りお客様の集客をしやすいホームセンターで、外壁塗装を契約すると、ホームセンターと提携した業者へ仕事を発注します。この際、ホームセンターにお客様の紹介料を払うことで、中間マージンが発生。
設計事務所有り設計事務所は住宅の設計だけを主に行うため、建築や外壁塗装などは専門業者を雇うのが基本です。そのため、中間マージンが発生。
工務店有り現在、中~小規模の工務店は、専門的に業務が分けられているので、塗装工事は自分たちで行えないことが多くあります。そのため、下請けとして専門の塗装業者を雇うことで中間マージンが発生。
地元業者無し地元の業者は、大手業者や工務店に下請けとして雇われていた側であるため、直接地元業者に頼めば中間マージンが発生せず、あなたの求める適正な費用での外壁塗装が可能となります。

外壁塗装は適正工事をするために中間マージン無しの直接施工が必要

外壁塗装で適正な費用で適切な工事を行うためには、中間マージンと呼ばれる無駄な支払いがない方が、将来的にかかる費用も安くできます。

中間マージンを無くすために一番確実な方法は、以下3つに当てはまる業者を選ぶ事。

  • 地元密着の外壁塗装業者
  • 完全自社職人で行う外壁塗装業者
  • お客様本位の考え方ができる外壁塗装業者

中間マージンを負担するのは実質お客様です!


北九州市の外壁塗装は親方施工の坂木塗装

【必見!】塗装会社の依頼先を徹底比較!!

大手業者と地元業者のメリット・デメリット

外壁塗装をしようと決意したときに最初に決めるべきなのがどんな業者に外壁塗装 を依頼するのかということでしょう。

しかし、一般的に外壁塗装の知識や経験はそうあるものではないので、どの業者が優良業者なのか判断が難しいものです。

外壁塗装にはお金がかかるので、「少しでも安い業者を探したい」と思うところですが、安い業者=手抜き工事と思ってもいいと思います。高い業者は中間マージンがかかっている証拠でもあり営業マン手当や経費があります。

失敗しない業者選びの最大のポイントは、誰が塗る&直接施工店です。塗ることは小型若手職人でも応援職人でも外注職人でもできますが、代表親方が塗るのと仕上がりの品質や耐久性が大きく変わります。

下には7つの注文先の違いを私なりに書いてみました。すごくリアルなのでご注意を・・・

業者選びに是非参考にしてください。

業者の違いでどのくらい損をするのか気になりますよね!

私が実際に下請けとして経験した請負金額や仕組みを解説しております。

良かったらここをクリック!


北九州市 中間市の外壁塗装 屋根塗り替えリフォーム専門店 坂木塗装

代表:坂木健治

所在地:〒809-0021  福岡県中間市朝霧2-18-1 

営業時間:08:00~19:00

携帯:090-2855-7073  いつも現場で作業中です・・・ご連絡は直通携帯へ


北九州市 近郊
小倉北区 小倉南区 門司区
八幡東区 八幡西区 若松区 戸畑区
中間市  直方市  行橋市  豊前市 鞍手郡 遠賀郡
芦屋町 水巻町 岡垣町 遠賀町 苅田町 飯塚市

福岡市
中央区 博多区 早良区
西区 東区 城南区 南区
福岡市近郊
糟屋郡・古賀市・宗像市・福津市・ 前原市・春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市
朝倉市・うきは市・大川市・大牟田市・小郡市・ 嘉麻市・久留米市・田川市・筑後市・宮若市
柳川市・八女市・嘉穂郡・京都郡・ 八女郡・糸島郡

ご不明な点、お見積もり依頼などなにか御座いましたら、下記フォームよりお問い合わせください。

ご相談例:今までメールで一番多いご質問・ご相談のお問い合わせ

①相見積りになりますが、外壁塗装の相談にのっていただけますか?

②他の業者さんの見積もりで〇〇〇 という材料を使う予定です。〇〇〇 についてどう思われるか教えていただけないでしょうか?

③自宅の外壁塗装の塗替えを検討しておりまして見積りを希望いたします。場所は福岡県北九州市です。木造2階建て 築23年です。15、6年前に塗替え済みです。

④訪問営業の人に見積りをしてもらったら、すぐに契約して欲しいと言われたのですが。